ベランダで唐辛子栽培に挑戦する【2年目の本気】

今夏〜秋の収穫に向けて、ベランダで唐辛子(とうがらし)を育てはじめました。

昨年、我が家のベランダでは

  • プチファイヤー(小粒の唐辛子)2株
  • 青唐辛子

を育てました。

昨年の収穫結果としては、青唐辛子は全滅、プチファイヤーは1株の実の形が「思ってたんと違う…」くて想定していたより唐辛子の収穫は少なかったのですが、それでも元気なプチファイヤー1株だけで100個くらいは余裕で取れていたと思います。

ちなみに苗は全てDCMダイキ新居浜店で買ったよ!

”愛媛県<em>新居浜</em>市瀬戸町甲4101”

乾燥&冷凍保存すると1年は持っているのと、ペペロンチーノとか辛いの食べたい時に重宝しているんで今年は調子に乗って大量栽培に挑戦します。

さらに、生のプリッキーヌを使ったグリーンカレーがどうしても食べたくなり、タイの唐辛子の苗も追加購入したので本記事にて紹介するよ!

【スポンサード広告】

本格的な唐辛子ベランダ農園へ

昨年収穫したプチファイヤーという名前の唐辛子。

ハバネロにも迫る8万スコヴィル程度の辛さ。

食べた瞬間にズドン!って辛くなり、後はスゥッと引く瞬間的に爆発する辛さが特徴だす。

収穫が終わると晴れの日を狙って天日干し

これまた昨年の天日干しの様子。

自宅ベランダでも天気予報と相談しながら秋晴れの日に一気に干すと乾燥唐辛子の出来上がり!

新居浜産の唐辛子だよー!w

チャーハンやペペロンチーノ、きんぴらなどの料理に使ってますが主張が激しいトウガラシなのに爽やかな辛さで好みです。

今年栽培に挑戦する唐辛子

育児中心の生活のため、基本在宅になりそうなのに託けて、唐辛子を中心にベランダ栽培を楽しんでみることにするよ!

今年育てるトウガラシたちは、こいつらだー!!

プリッキーヌ スアン

【引用:とんがらし芥川 楽天市場】

グリーンカレーに欠かせないトウガラシ!まずは、プリッキーヌといえばこいつのこと。

プリッキー ヌ 中粒

ちょっと長いプリッキーヌ。中粒って書いてけどコレもプリッキーヌ?

プリッ キー ヌ オーム

ホット・タイ

プリッチーファー

【引用:とんがらし芥川 楽天市場】

別名:タイハラペーニョ!!あんまり辛くない。これもタイ料理作りたい時はマストバイな唐辛子。

イタリアントマト サンマルツァーノ

トウガラシとの植え合わせ様にイタリアントマトの苗も購入。

島トウガラシ(コーレーグース)

【引用:とんがらし芥川 楽天市場】

沖縄のトウガラシもポチった。

焼酎につけこんで、コーレーグースーという調味料でも作ろうかなと思いまして。

プチファイヤー(2年目)

プチファイヤーは昨年収穫した時のタネを保存していたので発芽できるか検証がてら。

種まきはすでに終わっていて、発芽が待たれるばかりである。

バジル

ダイキでお買い上げ。スーパーに生のバジルがなかなか置いているのを見かけないんだもの!!

鷹の爪2株

ダイキで購入した青唐辛子。すでに蕾が出てきました。順調順調〜

ミニフルーツトマト・アイコ

これもダイキで。バジルと植えあわせしてます。

冷凍したやつ輸入した方が多分楽

多分、みなさんが思っている通り、てっとり早く冷凍したトウガラシを入手した方がおすすめです。

夫氏
どうせダメっていってもやるんやろ
と半ば諦めの表情だったので決行したよ!!さようなら、楽天スーパーポイント!!

ぜんぶ鉢植え+支柱で支えながらこの夏を乗り越えられればと思ってます。

柳川あこ
このベランダ栽培でうまくいったら、来年は畑でも借りようかな

自宅作業ばっかりだと気が滅入るので、こういう楽しみもいいんではないでしょうか。

そして大量に収穫できた暁には誰か買ってor貰ってやってください……w

\この記事をシェアする!/


WEBサイトの制作&更新、承ります!!

「ホームページの制作や運用に困っている」
「WEBプロモーションやマーケティングがわからない」
「今依頼しているWEB制作会社から乗り換えたい」

このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

 

本サイトの管理人(柳川)はIT業界8年目になるWEBディレクター兼プランナーです。本業では企業・お店・個人の方向けにWEBサイトの制作・運営サービスを提供しています。

Yahoo!やGoogleの検索結果で狙ったページを上位に表示させることが得意です。

ご予算にあわせて柔軟な対応を提案しますので、お気軽にご連絡ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奈良県平群町出身。愛媛県新居浜市でフリーランスで働くゲームクリエイター&WEBディレクター&ライター。新居浜市を中心に、四国の情報を発信する日々を過ごす。