愛媛県東予の2018花火大会予定まとめ

愛媛県東予の花火大会まとめ

夜空にパッと広がる大輪の花を見ると”日本の夏だな〜”って感じませんか?

2018年、愛媛県では全部で13つの花火大会が各地で開催されます。

ウォーカープラスが発表した愛媛県内で開催される花火大会の2017年の人気上位は

  1. 今治市 おんまく花火(1万4000発・21万人)
  2. 松山市 三津浜花火大会(1万1000発・22万人)
  3. 伊予市 伊予彩まつり 花火大会(8000発・5万人)
  4. 新居浜市 にいはま納涼花火大会(7500発・9万人)
  5. 四国中央市 かわのえ(川之江)夏まつり花火大会(3000発・2万人)

となっています。

なんと、東予エリアから3つもランクインしているのです!(参考:https://hanabi.walkerplus.com/list/ninki/ar0938/)

本記事では愛媛県東予エリアの花火大会をわかりやす〜く紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサード広告】

愛媛県の花火大会カレンダー

愛媛県下で開催される花火大会の予定をカレンダーにしました。一番早い開催は7月14日の四国中央市・川之江で開催されるかわのえ夏まつり花火大会

この夏一番最後に開催される花火大会は東温市の観月祭2018です。

7月と8月、それぞれの月ごとの開催予定は以下の通り。

7月の予定

2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
四国中央市
かわのえ夏まつり花火大会
15
16 17 18 19 20 21
大洲市
大洲水天宮花火大会
22
23
宇和島市
うわじま牛鬼まつり
24
宇和島市
うわじま牛鬼まつり
25
四国中央市
みなと祭花火大会
26 27
新居浜市
にいはま納涼花火大会
28 29
伊予市
伊予彩まつり 花火大会
30 31

7月に開催される愛媛県の花火大会は7月下旬に集中していますね。

2018年に新居浜市で開催されるにいはま納涼花火大会は7月27日(金)です。

柳川あこ
我が家は本年も自宅観戦かな…

8月の予定

1 2 3
大洲市
大洲川まつり花火大会
4
大洲市
ながはま赤橋夏まつり
大洲川まつり花火大会
5
今治市
おんまく花火松山市
三津浜花火大会
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15
四国中央市
土居夏まつり 花火大会八幡浜市
八幡浜みなと花火大会
16 17
西条市
市民納涼花火大会
18 19
20 21 22 23 24 25
東温市
観月祭2018
26
27 28 29 30 31

東予エリアの花火大会

さらに、東予エリアにしぼって表を作成しました。四国中央市では3つの場所でそれぞれ開催されるみたい。

市名 名称 開催日時 有料観覧席
新居浜市

にいはま納涼花火大会

2018年7月27日(金)19:30-21:00

なし

 

西条市

市民納涼花火大会

2017年8月17日(木)20:00-21:00

なし
四国中央市 かわのえ夏まつり花火大会 2018年7月14日(土)20:00-20:50 なし
みなと祭花火大会 2018年7月25日(水)20:00-20:50 なし
土居夏まつり 花火大会 2018年8月15日(水)20:00-21:00 なし
今治市 おんまく花火 2018年8月5日(日)20:00-21:00 あり

おんまく花火、見に行ったことはないのですが、とても人出が多いのでさぞかし人気の花火大会なのでしょう・・・!

駐車場情報や屋台の数なんかも気になるなあ・・・(来年の課題)

新居浜市の花火大会

新居浜市見出し

2018年度の新居浜市で開催される花火大会の打ち上げ数は約8,000発。この発数だと人気順位も上がってくるんではないでしょうか?

見所はめっちゃ長いナイアガラ。

そして、河川敷で開催される花火大会なので、人と花火の距離がめっちゃ近い

新居浜へ移住して初めての花火大会は大きなナイアガラの長さに笑い、花火までの距離の近さにビビりました。

屋台もたくさん出るので楽しいのでスキーです。

が、翌日はめっちゃゴミが散乱してて汚いのが悲しい><

新居浜びずでなんかできることはないもんかのう……

大会名 日時 場所 打ち上げ数 人出 見所

第61回にいはま納涼花火大会

2018年7月27日(金)19:30-21:00 愛媛県新居浜市 / 国領川河川敷 8,000発 約9万人  幅400m、高さ40mの大ナイアガラ

西条市の花火大会

西条市の見出し

西条市では市民納涼花火大会が2018年8月17日に開催予定です。

豊臣秀吉の四国攻めの合戦による戦死者の霊を慰めるために送り火として花火を打ち上げたのが本花火大会の始まり。

大会名 日時 場所 打ち上げ数 人出 見所
市民納涼花火大会 2018年8月17日(金)20:00-21:00 愛媛県西条市  加茂川河畔中堤防 約4,000発 3.5万人  400年の歴史を有する歴史

四国中央市の花火大会

四国中央市の見出し

四国中央市は川之江・三島・土居それぞれで花火大会が開催されます。

みなと祭花火大会では海面からの黄金水中水上スターマインと黄金柳特大スターマインが見事らしい。

大会名 日時 場所 打ち上げ数 人出 見所
かわのえ夏まつり花火大会 2018年7月14日(土)20:00-20:50 愛媛県四国中央市 川之江港防波堤 約3,000発 3万人 スターマイン,尺玉
みなと祭花火大会 2018年7月25日(水) 20:00-20:50 愛媛県四国中央市 三島宮川 三島港 約7,000発 3万人 黄金柳特大スターマイン,海面からの黄金水中水上スターマイン。
土居夏まつり 花火大会 2018年8月15日(水)20:00-21:00 愛媛県四国中央市  ふるさと広場対岸 約3,000発  約1.8万人 郷土色あふれるイベント

今治市の花火大会

今治市の見出し

今治市の花火大会といえばおんまく花火!!

なお、”おんまく”とは「めちゃくちゃ」、「いっぱい」、「おもいっきり」な意味を持つ方言からきているそう。

veryとかmanyとかテンションぶち上げ系なワードなんですかね。

尺玉100連発とか、えらいこっちゃになってしまうんではないでしょーか!?

いっぺん参加してみたいな〜!

大会名 日時 場所 打ち上げ数 人出 見所
おんまく花火 2018年8月5日(日)20:00-21:00 愛媛県今治市天保山町 今治港周辺 1万発 22万人 尺玉100連発。

 

まとめ

花火の水彩イラスト

愛媛県の花火大会をまとめてみて思ったこと。

柳川あこ
新居浜市、有料席設けようよ!!

なぜならば、冒頭で紹介した花火大会の「打ち上げ数・人出・有料席の有無」をまとめると、

大会名 打ち上げ数 人出 有料席 有料席料金
おんまく花火(今治市) 1万4000発 21万人 あり Sシート 4,000円/人
Sブロック 40,000円/~12人
A席 3,000円/人
B席 1,000円/人 ※自由席※当日空席がある場合、事務局指定の席を14:00~先着販売
三津浜花火大会(松山市) 1万1000発 22万人 あり テーブル席
4人 (前売)14,000円/(当日)16,000円
5人 (前売)15,000円/(当日)17,000円
6人 (前売)16,000円/(当日)18,000円
7人 (前売)17,000円/(当日)19,000円
8人 (前売)18,000円/(当日)20,000円
いす席
(前売)1,200円/人
(当日)1,500円/人
伊予彩まつり(伊予市) 8000発 5万人 あり シート席
(前売)1,200円/人/ (当日)1,500円/人
ボックス席
(前売)2,000円 /5~7人 ※当日券なし4名以下は相席
にいはま納涼花火大会(新居浜市) 8000発 9万人 なし (スポンサー席のみ ※1組1万円のメッセージ花火 他

今年のにいはま納涼花火大会は2017年度より+500発増えた「約8,000発」を見込んでいます。

そして本花火大会における平成30年度の新居浜市認定補助予算は「433.1万円」。

目安として1万発以上の花火を打ち上げたい場合、3,000万円以上のお金がかかってくるそう。(参考:花火ショードットコム)

花火を上げるにはスポンサーの力が偉大なんですね。

柳川あこ
来年はメッセージスポンサーか何かに新居浜びずも参戦したいぞ!!(すでに締め切り過ぎてたw)

以上、愛媛県の花火大会をまとめてみましたよう。

愛媛県東予の花火大会まとめ

\この記事をシェアする!/


WEBサイトの制作&更新、承ります!!

「ホームページの制作や運用に困っている」
「WEBプロモーションやマーケティングがわからない」
「今依頼しているWEB制作会社から乗り換えたい」

このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

 

本サイトの管理人(柳川)はIT業界8年目になるWEBディレクター兼プランナーです。本業では企業・お店・個人の方向けにWEBサイトの制作・運営サービスを提供しています。

Yahoo!やGoogleの検索結果で狙ったページを上位に表示させることが得意です。

ご予算にあわせて柔軟な対応を提案しますので、お気軽にご連絡ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奈良県平群町出身。愛媛県新居浜市でフリーランスで働くゲームクリエイター&WEBディレクター&ライター。新居浜市を中心に、四国の情報を発信する日々を過ごす。