星原町にあるアンレーヌカフェでダッチベイビーを食べたよ!

新居浜では貴重なダッチベイビー(ダッチベービー)を食べられるカフェ・アンレーヌカフェを紹介します。調べた限り、新居浜市内でダッチベービーを提供する店は「アンレーヌカフェ」、そして2017年の季節限定で白いものダッチベイビーを提供「アンティークカフェヤナギダ」の2店舗っぽい。

本日は、初訪問となるアンレーヌカフェを紹介!

ヨーロッパ・南欧風の外観

地中海を感じさせるヨーロッパ風の外観と庭園。40台駐車場可能ですが、昼の時間帯はかなり満車に近かったです。私達が訪問した時も、残り1~2台+店内で2組ほど待つ人気っぷりだったよ。

店名は”アン王女のカフェ”の意味。オードリーヘップバーンだよ!

お店の名前は“ローマの休日”に登場するアン王女に由来します。扮するのはオードリーヘップバーン。世界中の女性から世代を超えて超絶指示を受けている大女優ですね。ローマの休日の世界に憧れる女性はヨーロピアンな雰囲気&庭にウフフとなるんではないでしょーか。

ダッチベイビーとはドイツ風パンケーキのこと

ダッチベイビーとは朝食に出されるポップオーバー(口当たりの軽い、中が空洞になったロールパンor菓子)を指します。卵・小麦粉・砂糖・牛乳から作られるので、材料はほぼパンケーキと同じ。金属または鋳鉄製の丸いフライパン(スキレット)を使ってオーブンでじわじわ焼くのが特徴で、外側の縁はカリッと、中はモチっとした弾力が特徴です。

【スポンサード広告】

アンレーヌカフェのダッチベイビーも、モッチモチ&ボリューム満点

他の例に漏れず、アンレーヌカフェで提供されたダッチベイビーも外側のくるっと巻き返している部分はカリカリっと、中央部分はモッチモチの生地でした。お腹がいっぱいになって1人前食べきれず、夫氏に助けてもらって完食。

一度食べてみたかった〜で訪問したので、次回アンレーンカフェに訪問した際も注文するかは謎ですが(他のメニューも食べてみたいので)、甘いもの好きな人&たい焼きのカリカリ部分とか好きな人には好まれるんじゃないでしょーか。

あまり他店のダッチベイビーを食べた経験がないため、比較できず・・・;

柳川あこ
甘ければ、大抵のメニューは好きです(ドヤァ)
スキレットは家にひとつ~ふたつあると便利〜。初回の手入れ(空焚き工程)が大変だけど……

ダッチベイビーは11時から注文可能!

アンレーヌカフェのダッチベイビーは11時から注文可能です。訪問時期から本記事を作成するまで少し日数が経ってしまっているのですが、当時は3種類のメニュー(プレーン・ベリーベリー・チョコバナナ)から選択可能でした。

チョコバナナorベリーベリーで悩んだ私はカラフルなベリーベリ〜withアイス付きを注文。

注文を受けてからオーブンで焼き上げるのか、到着まで少し時間がかかるかも。のーんびり待ちましょう。

想像よりも賑やかな店内

アンレーヌカフェは土曜or日曜のお昼過ぎ(14時とか15時とか)に訪問したんですが、店内結構賑やかでした。騒がしいレベルでいうと、ファミレスor人が結構入っているターリーズコーヒーやスタバ等の会話レベル。

個室or半個室のエリアとオープンエリア(普通のカフェorファミレスっぽい感じ)があって、私たちが案内されたオープンエリアは天井が抜けているせいか、店内の会話がよく響く?印象でした。

いや、どんな話してるかまでは勿論わかりませぬが、ザワザワという感じで思っていた落ち着いた時間が流れるカフェな印象とは違いました。(アン王女モードな溢れでる格式高い雰囲気というより、市民に扮してローマ市内を逃亡してワチャワチャする方が近しい印象。)

たまたま先客だったお隣のテーブルは文字通り、食い散らかす&片付けずに放置で帰られたお子様フィーバーな家族連れで「まじかよ!」と一瞬思いましたが、その後は特に混み合うこともなくのんびり過ごせました。

個室があってママ友会なんぞに重宝しそう

もっとかしこまった、アンティークのBGMが流れてマダムがウフフなアフタヌーンティーを落ち着いて飲むっていう感じかな?と思ったんですが、いい意味で賑やかな(よくない風にいうと騒がしい)印象でした。

子連れやグループで喋りたいわ!って人にとっては気兼ねなく利用できそう。なるほど、だから駐車場も常に混んでいるほど人気なのかも。

個室or半個室のエリアは行ってないのでよくわかりませんが、ゆっくりできそうですな。

食後にはコーヒーをいただきました。

特に記憶に残っていないんですが、薄めのアイスコーヒー(さっぱり飲みやすい系)だった気がする。

そんな感じでアンレーヌカフェ初訪問してきましたとさ。

子供が首が座るくらいになったら、個室or半個室で利用してみたいのう。

 

自宅でダッチベイビー作りたいわ!って人には、こんな本が1500円くらいで買えますよ〜。

アンレーヌカフェの店舗情報

アンエーヌカフェは新居浜バイパス(11号線)沿いの星原町にあります。

愛媛県新居浜市星原町5-25

”愛媛県新居浜市星原町5-25”

新居浜バイパスは片側2車線+中央分離帯がある道路なので、楠中央通りからアンレーヌカフェを向かう場合は、どこかでぐるっとUターンする必要があります。私が行った時はアンレーヌカフェを少し過ぎたところにある、右折レーンあり+転回NGの看板もない歩道橋がある交差点でぐるっと回って向かいました。

8:30~22:00(ラストオーダー21:30)

無休(元旦のみ休み)

\この記事をシェアする!/


WEBサイトの制作&更新、承ります!!

「ホームページの制作や運用に困っている」
「WEBプロモーションやマーケティングがわからない」
「今依頼しているWEB制作会社から乗り換えたい」

このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

 

本サイトの管理人(柳川)はIT業界8年目になるWEBディレクター兼プランナーです。本業では企業・お店・個人の方向けにWEBサイトの制作・運営サービスを提供しています。

Yahoo!やGoogleの検索結果で狙ったページを上位に表示させることが得意です。

ご予算にあわせて柔軟な対応を提案しますので、お気軽にご連絡ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奈良県平群町出身。愛媛県新居浜市でフリーランスで働くゲームクリエイター&WEBディレクター&ライター。新居浜市を中心に、四国の情報を発信する日々を過ごす。